×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ネルシャツについて

ナンバーナインのネルシャツが人気があるようです、そんなネルシャツについて調べてみました。
ネルシャツという名称の由来なのですが、「フランネル」という素材の名前からきているそうです。イギリスで作られたのが始まりだそうで、フランネルは、柔らかく、軽い紡毛織物。シャツやパジャマ、肌着にも多く使われていたそうです。
ネルシャツは、一概にヘビーウエイトなチェックのシャツと思われがちなのですが、種類はさまざまあります。生地の厚さや起毛の表と裏どちらを内側にするかで、着心地や雰囲気が全く変わってきます。製法には、縦横1本ずつ交差させる「平織り」と、2本おきに交差させる「綾織り」とがあります。現在では、化学繊維のものやプリントしたものも増えてきています。
ナンバーナインのネルシャツ。

ネルシャツの種類

ナンバーナインのネルシャツを調べていると、いろいろとネルシャツについて分かってきました、ネルシャツの種類という項目に注目してみました。
ネルシャツは、3つのスタイルの種類があるようなのですが、ネルシャツは、カウボーイのこだわりの入ったウエスタンシャツとワークシャツ(作業服)とアウトドアシャツというスタイルです。その3つのネルシャツの種類の違いとは。
まず、ウエスタンシャツタイプのネルシャツの特徴とは、ウエスタンシャツは、スナップボタンになっていて、鞍上で障害物にひっかかってもボタンがはずれやすいように工夫されています。これは落馬による事故を防ぐためで、ウエスタンデザインの名残みたいです。また、ポケットやバックヨークなどのデザイン性が高いのも特徴の一つです。

ネルシャツの種類続き

ナンバーナインのネルシャツを調べていてネルシャツのルーツや種類を知ることができました。そのネルシャツの種類の続きです。
ワークシャツタイプのネルシャツの特徴は、その名の通りに作業着のことです。もともと、丈夫な素材で汚れが気にならないのが特徴でしたが、今ではカジュアルスタイルとして定着しているようです。
アウトドアシャツタイプのネルシャツの特徴は、その着やすさ感と防寒性が高いことから、フランネルシャツは後にアウトドアシャツとしても定番化していったみたいです。ワークやウエスタン、それを通常のシャツとして、有効な部分を合わせ持った、高いユーティリティを誇るシャツとして、たくさんのアウトドアメーカーがネルシャツを販売しています。

Copyright © 2009 ネルシャツ